ようことみめのステップメールお申込み

全国三ヶ所、100人以上が参加した「ブログセミナー」を

ステップメールで再構築 完全版 完成!!

ステップメールのお申し込みはこちら

https://ssl.form-mailer.jp/fms/ecccbad7311442


特別版、拡大バージョンステップメール
料金は 8000円
ただしPayPalクレジット決済の方は
ただいまPayPalクレジットキャンペーン中にて
 
6000円で決済できます。
支払い方法をご選択してお支払いください。
お申し込み後、口座番号のお知らせと、ステップメールの登録のURLが出ますので、クリックして、登録してください。





【内容】
 音楽教室の運営や指導、指導者本人の記録や成長の振り返りなどに欠かせない教室ブログ。 
 まったくの初心者が始めるには、どうしたらいいのか?
 何に気をつけたらいいのか?

 プロフェッショナルコーチの保科陽子がメンタル面から、
 プロの音楽ライターの山本美芽がテクニカル面から、
 ブログの書き方を指導します。


【構成】
 
 セミナー前ステップメール10通(保科陽子・5通、山本美芽・5通)
 セミナー動画5本で、当日のレクチャー抜粋
 ブログセミナー参加者、70名の感想集 ポイントや気づきを生の声として収録 
 ようことみめの特別対談

【セミナーの経緯】

 2014年9月、東京・日暮里で行ったブログセミナーではセミナー申し込みをしただけで、参加者に直後からお問い合わせや生徒の入会が続々と起こり、セミナー終了後には参加者の約半数に新規の生徒入会がありました。

【期待できる効果】

 お金に対するブレーキがはずれ、積極的に必要な行動に踏み出せる
 指導者の自己肯定感が高まり、生徒の自己肯定感も高まる。やる気が出て上達する
 安心してブログを書けるようになる
 人からどう思われるか心配しなくても平気になる
  
 
【成果】
実績:2014年9月、東京・日暮里で行ったブログセミナーではセミナー申し込みをしただけで、参加者に直後からお問い合わせや生徒の入会が続々と起こり、セミナー終了後には参加者の約半数に新規の生徒入会がありました。

保科陽子(ほしなようこ)

国立音楽大学音楽教育学科卒業。楽器店に就職後、カワイグレード3級を取得し、研修講師として、後進の指導にあたる。ピアノを多喜靖美氏に師事。また、同氏の室内楽研修も継続して受講中。ピティナ指導者検定全級合格。ピティナコンペティション指導者賞受賞。指導する生徒をこれまでにピティナ、カワイ音楽コンクール等の全国大会に送り出し、数々の輝かしい実績を残す。青梅市内でピアノ音楽教室を主催するかたわら、2005年よりコーチングのプログラムを受講。音楽界では数少ないコーチング上級資格である(財)生涯学習開発財団プロフェッショナルコーチ資格を取得。これまでにピアノ指導者を中心に100人以上にセッションを実践。総セッション時間は1700時間以上を超える。ピアノ教室生徒数のアップ、資格取得、コンクール実績、セミナーデビューさせるなど、コーチングの大きな成果をあげている。

現在、全国のピアノ教育指導者へ年間40回以上のセミナーを行い、その優れた指導力と分かりやすく親しみやすい講義で、絶大な信頼と高い評価を得る。音楽コーチ協会所属。著書「ピアノの先生の伝え方トレーニング」「とっておきのぴあれんキッズVOL.1」「コーチングピアノレッスンVOL.1」他。ムジカノーヴァにも記事掲載。メールマガジン 「夢の音楽教育コーチングレッスン」発行中。中学校PTA理事も務め、公私ともに多忙な日々を送る。

セールスアカデミーに入学。セールスのスキルを音楽業界に役立ててもらおうと実践中。2015年より、ピアノの先生のための経営塾を東京と大阪で開講。経営者としてのピアノ講師育成を手がける。

I LOVE 自分を提唱。ピアノ講師の自己肯定感、セルフイメージ向上に力を入れる。


山本美芽(やまもと・みめ)●音楽ライター・ピアノ教本研究家。東京学芸大学大学院教育学研究科修了。音楽教育を専攻。これまでに国内外の主要なピアノメソッドの著書・訳者、ピアニスト、演奏家、ピアノ指導者など、200人以上に取材。デビュー作「りんごは赤じゃない」(新潮社)は、45000部のヒットとなる。以後「21世紀へのチェルニー」「自分の音、聴いてる?」などの著書において、ピアノ教育について鋭い問題提起を行う。音楽雑誌「ムジカノーヴァ」「ジャズジャパン」「ジャズライフ」「ショパン」「ザ・サックス」などにおいてインタビュー・評論を執筆。T-スクェアやレ・フレールなどアーティストのツアーパンフ執筆も手がける。

 2006年より2010年まで、夫の転勤のためアメリカ・カリフォルニア州に在住。州立シエラカレッジにて単位取得。帰国後2012年よりピアノを多喜靖美氏に師事、多喜靖美氏主宰のジャスミン音の庭 室内楽クラスにおいて室内楽演奏の研鑽を継続。わが子のピアノレッスンにも正面から向き合い、コンペにも挑戦、なにごとも体当たりで試行錯誤しながら執筆を続けている。

 2013年より執筆と並行してピアノ講師を対象にしたセミナーを行い、2014年には年間33回登壇、昭和音楽大学にて特別講座も行う。セミナーでは音楽ライターとして一流のミュージシャンと対話しながら身につけたさまざまなスキルを伝える。受講者からは「客観的な視点が持てるようになった」「人前でピアノを弾くことに抵抗がなくなった」「人前で意見を述べることに慣れてきた」「受講後、教室ブログ経由の生徒入会が増えた」「写真を撮られることに自信がついてきた」など、圧倒的な支持を得る。

 2015年よりピアノ導入教本についてのセミナーを全国の楽器店において展開予定。

ホームページ http://homepage1.nifty.com/mimetty

メールマガジン「音楽センスを伸ばしたい!」配信中。

facebook(Mime Yamamoto)、twitter(mimeyama)でも発信中。

 

お申込みはこちら

 


https://ssl.form-mailer.jp/fms/ecccbad7311442




郡山小百合先生 (広島)

まず声を大にして言いたいのは「ブログセミナーを受講して確実に自分の意識が変わった」ということです。「自分の強み」を知る。これを意識したことはありませんでした。それを初対面の方に伝える、限られた時間でどれだけ自分を知ってもらうか…また言葉にすることで自分の強みをより強く意識することができ「あぁ…私はこういう先生でいたいんだ」と気持ちを明確にすることができました。また全く面識のない第三者に「大切な我が子を任せたい!」と伝える手段“ブログ”でどこまでアピールできるか…。漠然としていた気持ちが明確になったことで自分の方向性が決まり自信もつきました。在籍生徒のご家族から「先生のブログは教室に対する思いや生徒一人ひとりへの愛情が伝わってきます。時折登場するプライベートで先生のお人柄も伺えて嬉しいです。」と嬉しい言葉をいただくようになり、益々自信がついたように思います。「意識」する。簡単なようでうまくコントロールできない大切なことを学ぶことができました。

最後になりましたが、保科陽子先生、山本美芽先生、貴重なお話し有難うございました。

森本真紀子先生  (愛知)

年末のセミナー、ありがとうございました。一ヶ月前まであれこれ考えすぎてブログに手をつけられなかった自分が嘘のように、今は楽しくブログを綴っています。レッスンのモチベーションもこれまで以上に上がってる感じがします。ほんと、ブレーキが一つ外れたと実感しています。そんな中、しばらく何の変化もなかった教室に3つの引き寄せがありました。まず、ピティナの生徒紹介と在籍生からの紹介での問い合わせが2件そして、ブログにも書きましたが、生徒が卒業を見送り本人の理想の形でレッスンを継続することになりました。自分の行動の変化がプラスの方向に影響したことがとても嬉しいです。みめ先生と保科コーチ、受講者の先生方のパワーを分けていただいて、毎日がより楽しく感じます!ありがとうございました。先生もお身体を大切に、ますますのご活躍を!!またお会いできる日を楽しみにしています。

入江範子先生(滋賀県)

セミナーに申し込んだその日に生徒さんからの問い合わせがあり、翌朝からトントン拍子に進んでご入会。不思議な何かを感じました。当日はたくさんのワークを しました。参加者の先生の質問に 答える。質問をして先生の話を聴く。繰り返すうちにどんどん 心の内を はき出せて心が 軽くなる。パワーアップして清々しい気持ちになる時間でした。心に残ったのは「I Love 自分」という保科先生の言葉、そして山本先生の「順風満帆は チャレンジしていない。挑戦しているからこそ、必ず 苦労がある」という言葉です。私も 常に チャレンジしていたいと気持ちを新たにしました。笑顔あふれるセミナーでした。パワーをたくさんいただきました。みなさん、ありがとうございました。

西尾順子先生(広島県)

 昨年12月大阪でのブログセミナーに参加しました。陽子先生とは10月の広島でのコーチングセミナーが初めて、美芽先生はライターとして執筆された記事などは読んだことがありましたが、セミナ

ーは初めて。しかも一人っきりで申込みましたので、もうドキドキのセミナーでした。始まってみると、軽快なお二人の掛け合いに引き込まれて、あっという間の時間でした。

 ブログをはじめて2ヶ月での参加、ただ何かしらの投稿をしている状態でしたので、受講の内容すべてが「目から鱗」でした。まず自分自身を肯定することや、教室の強みやアピールをどのように見つけていくか、どんなネタを盛り込んで…、など多くをお聞きしました。また多くの先生方との交流もあり、たくさんの刺激も受けてきました。

 ブログの書き方のセミナー、だと思っていましたが、もっと深いものだったと思います。自分のこれまでの姿勢や捉え方、レッスンに対する思いや、指導者としてのあり方まで考えるようになりました。今まで躊躇していたことも、なんだか気楽に取り掛かっていたり…。私自身に、大きな変化があったように思います。

 受講後、すぐにブログを見て新規のご入会がありました。凄いことです。まだまだ進んで行きたいと、思っています。陽子先生、美芽先生、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

花木由美子先生(岐阜県)
 今回のブログセミナーで学んだこと、それは、「自己肯定感=自分を認めるこのと大切さ」です。今までの私は、自分をどこまでアピールすべきか、それは、単なる自慢だととられるのではないかと思い、田舎ゆえに周りの目が気になって仕方がありませんでした。ところが、セミナーが進むにつれ、私がアピールしたかったことは、そのまま私自身の強みであり、うちの教室の強みなのだと気が付きました。これがまさに自分を認める事であり、セミナーが終わる頃には、「私って、私が好きなんだ=I Love 自分」と自分に自信を持っていたのです。
 ここからは、いつも笑顔でアピール! そんな思いで、その日からのブログを自ら楽しむ気持ちで書いていたところ、来年度(4月から)の大きなお仕事が2件も舞い込んできました!どちらも以前からの知り合いの方が、私に新しいリトミック教室を任せたい、また、自分の教室の生徒を(一部)任せたいとおっしゃって下さったのです。「行動は迅速に!」とすぐにお受けする返事をさせていただきました。
 これは、余談ですが、この2件の新しいお仕事に際し、先生紹介の写真、できたら、笑ってピアノを弾きながら微笑みかけているようなものが欲しいとリクエストをいただきました。いつも笑顔でアピールを心がける重要性を改めて感じています。これからの目標は、いつも笑顔で! 「笑顔ワーク」です。
 最後になりましたが、心から笑顔でいられる自分に気が付かせてくださった山本美芽先生、保科陽子先生、ありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。

いとう のぶよ 先生 ( 大分県)
私は 九月の日暮里でのセミナーに参加いたしました。
実はセミナーに参加するまで、Blogは未開設。なのにセミナータイトルは
「プロモーションにBlogを使おう。中級編」
そんな私がBlogを開設できたのは、セミナー前夜宿泊先のホテルでした。
まさに一夜漬けでのセミナー参加となりました。
地方から参加した私には、自分以外の諸先生方が眩しく正直帰りたくなるほど焦りました。
でも自分自身の振り返り、教室のビジョン、笑顔ワーク、ネガティブな話をポジティブに書き換える…等、セミナー終了後には自分自身に自信が持てるようになりました。
まさに「I Love 自分」同時に「やる気パワー全開!」になりました。
気がつけばセミナー参加後から毎月入会者が続き、これまで8名の入会がありました。
今月も体験レッスンのお申し込みをいただきました。
また驚いた事に、私のBlogを見て体験レッスン申し込み、そしてご入会という初めての経験もさせていただきました。
  これも、保科陽子先生と山本美芽先生のおかげです。
セミナーに申し込むのをためらう私の背中を押してくれた美芽先生、Blog開設が出来ない時にヒントをくださった陽子先生。
心から感謝しております。ありがとうございます。

小宮みか先生 (奈良県)
3年前の私は『ブログ書く?暇なの?』くらいに思っていました。
けれど、今やブログは重要な広告ツールであると気付き、半年前にブログを立ち上げました。始めてはみたものの、教室としてのブログをどう書いていいものか、手探りの日々が続いていました。
そんな中で「ようことみめのブログセミナー」が開かれることを知り、参加することにしました。
まず、セミナー前のステップメールから、自分を見つめなおす作業が始まり、ブログを書くことへのモチベーションが高まってきました。実際、更新頻度も上がりました。
セミナー当日、陽子先生のからはマインド面のレクチャー。ペアになってのワークでは、視点を変えることで新たな気付きを得ることもできました。
美芽先生からは何をどう書いたらよいかという、初心者にはありがたいノウハウを教えていただきました。
おかげさまで、1年以上問い合わせさえなかったのに、セミナー申し込みからの2カ月あまりの期間に4件の問い合わせがあり、驚いています。ブログを見て入会を決めてくださった方もいらっしゃいます。
陽子先生、美芽先生、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

中塚三貴子 先生   (愛知県)

私はどちらかといえば、文章を書く事は好きですし、得意といってもいいかもしれない。でも、もっと教室のことを理解していただくためにどうしたらいいか、読んだ方が「ここで習いたい」と言ってくださるには?その答えを得るためにセミナー参加を決めました。セミナーでは、文章を書くという作業に一見関係なさそうな「自己肯定感を持つ」ということについて保科先生よりお話があり、最初「なぜこれがブログにつながるのか」と疑問に思っていました。ところが、山本先生からも「笑顔を作ること」についてのレクチャーがあり、「自分の笑顔に自信がない」ことに気づかされたのです。セミナー後は、今までよりも多くの笑顔を生徒さんに見せることができるようになりました。また、私の場合は生徒の入会率アップというよりはむしろ、在籍生徒の意識の向上が現れ、セミナー申し込みをしただけで、参加を渋っていた生徒が「コンクールに出たい」と積極性を表したり、保育士試験を受けた生徒に「自信がなくても前向きに取り組む」ことを伝え、満点合格という素晴らしい成績を出しました。指導者が自分を好きになること、ピアノ指導という仕事を好きでありつづけ、向上したいという気持ちを発信することで、教室内の環境がとても良くなったのです。教室内の環境をよくし、活気のある教室作りをして、それを外部へ発信することで、本当に自分の教室を求めている方が見つけてくださる。そのためにブログはとても大切だと感じます。

   中村ちづる 先生  (滋賀県)

講座を受講して   保科先生に2回目、山本先生は初めてのセミナー受講です。山本先生はSNSではクールなイメージがあったのですが意外にもとても気さくで飾らないお人柄。保科先生との息の合った掛け合いも素晴らしく、時におなかがよじれそうになりながらも自分に意識改革が起こってくるのを感じました。今改めてこうして振り返ってみますと、そのシンプルな項目の中身は一つひとつが核心をつくものです。例えば、ブログタイトルとプロフィールをセールトークに利用するということは、日頃からしっかり自分の出来ることを見極め、真剣に文章を練らなければ出来ることではありません。写真にしても、自分の中から滲み出る何かを持ち、それを反映できるように日頃からエクササイズしておかなければ人の心を掴む写真はすぐには撮れはしません。人間力を磨くツールとしてブログを使い、自分を表現していくことが人の役に立つことにつながるブログを書く意味と確信しました。今まで自分の中だけに閉じ込めた知識や経験も、ブログに書くことでブラッシュアップされそれがまた人のためになって行く…。人のためは自分のため、自分のためは人のため。やらない手はありません。まだまだブログを書くことに苦がない訳ではありませんがこの輪の中に入れたことで自分を大きく引き上げていただいたと思います。成果報告といたしましては、1月に1名入会していただきました。東京で指揮者のサバリッシュさんと懇意にされていた方の素晴らしいお宅でのホームコンサートに出演するのでお願いしたいということでした。陽子先生、美芽先生、参加者のみなさん、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。


佐藤 紀子先生  ( 栃木県)

『ブログセミナー中級編』、しかも都内での開催ということで、宇都宮在住の私にはちょっとハードルが高いかな?と思い、いつもならここでブレーキがかかってしまう自分…。でも、これは行かなきゃ!と不思議と即決させたセミナーでした。その根拠のない直感は何者だったのかはよくわかりませんが(笑)。でも、その直感は的中!自分の今までの考え方を改めさせてくれた素晴らしい内容でした。私はセミナーの一ヶ月ほど前にブログを本格的に開設し、自己流ながら毎日書き綴っていました。それを元に本番のセミナーで自分のブログには何が足りないかを知るための予習でもありました。私は書くことは比較的好きなほうなので、問題は内容です。自分をアピールすること、それが教室ブログを書く上で必要なことなのですが、自己肯定感が低い私にはそこがネックでした。でも、セミナーでワークをしたり、いろんな先生方とディスカッションをしていく上で、良い意味での「自分を知る」ことが出来たのです。『I love 自分』。それが私の大きな収穫でした。セミナーで得たスキル、自己愛を元に今でも楽しくブログを書き続けています。先日も「ブログを見て…」のお問い合わせも2件ほどありました。他の先生たちと比べると数字的には少ないかもしれませんが、不思議と焦りはありません。それは『I love 自分』になれたからです。そして、新しい生徒さん達を呼びこむためのブログであると同時に、今来ている生徒さん達への思いを込めたブログでもあるからです。そして、読者申請も続々と届き、たくさんの方が自分のブログを読んでくれていることが今は何よりも幸せです。みめ先生と陽子先生には改めて感謝申し上げます。



安藤敦子先生(愛知県)

私の教室はすでに定員いっぱいの状態でしたが、まだやるべきことがあると思い、ブログセミナーに参加しました。ブログを定期的に書いていたので、どのように改良工夫できるかを楽しみに受講しました。まず、大きかったのは、新たな自信の素をいただいたことです。『教室に通うこどもたち、保護者のみなさまのアンケート』を行ってみて、『せんせい、だいすき♪』や『わが子のペースにあわせて、さまざまなチャレンジを提供してくれる』など、ブログを書くエネルギーの素になるような、うれしい声をたくさんいただきました。また、画像投稿に興味があったので、携帯をあらたにiPhone6Plusにかえ、ブログがより楽しく投稿できるようになりました。『楽しいところに人は集まる』と言われます。ブログを読んでくださるママたちに私の思いがより伝わるようになり、教室への理解や協力がよりいただけるようになった実感があります。11月にステップメールを受け取ってから、アコースティックピアノを購入した生徒さんが1名。親御さんが応援してくださる形でのコンクールの参加表明11名。募集する前に、空きがあったらと口コミのご紹介が2件入りました。ズバリ、教室を発展させたい、空気感を向上させたいとお考えの先生方に、おすすめのセミナーです!

西山淑子先生  (東京都)

前々から気になっていた美芽先生と陽子先生のセミナー。一度行ってみたいと思いながらなかなか時間が合わず行かれなかったのですが、あの9月のセミナーは運良く行かれる曜日!しかもお2人揃ってのセミナー。ああ、ブログもやったほうがいいんだろうなぁ〜、始めなければなぁ〜と思っていたところだったので、よぉーしっ!と気合を入れて申し込みました。が、「ブログの書き方」のはずが「I Love 自分」・・・はぁ???なんか場違いなところに来てしまった?というのが正直な感触でした(笑)しかし、ランチしながらいろいろな先生とお話しする中で、今まで考えたこともなかった回路が動き出したように思いました。陽子先生との電話セッションで背中を押されて、11月にブログ始めました。更新するのが結構億劫。でもそこをなんとか、ですよね。頑張ります。そうそう一昨日、レッスンの問い合わせが来ました!!

種田葉子先生  (大阪府)

今回のセミナーは“ブログの書き方?” いいえ、私にとって“自分を見つめ直すことの出来るセミナー”でした。ブログは教室の顔。そこに書く内容は全て私の言葉。自分をどのように表現するかで相手に伝わる印象が決まります。自分を文章で表現する為には自分をよく知ること。そして自分を愛すること。私が印象に残ったのは“自分で自分を売ることができるか”という言葉です。グループワークで初対面の先生方と教室などをアピールすることによって、自分を知ることができました。人間は質問されると脳が動く。本当にその通りです。そして互いに認め合え、自信につながったのです。これからもブログに教室のことを書きたいと思える素敵なセミナーでした。

砂川恵先生 (奈良県)

どんな自分であっても私は私。失敗などのネガティブもネタのひとつ。自慢ではなくシンプルに自分を認める。自分の日々の気持ちの持ち方次第で生まれる「ILove自分」。それは、奇跡、ミラクルを引き寄せる。そんなメッセージは、ブログを4年半書いていて感じていたはずのことも、さらに力強く体に入ってきました。ただ単に「ブログの書き方」に終わらないワークショップ型のセミナー。終了時には自分がどんな教室にしたくて、どんな生徒に育てたくて、どんな先生になりたいかが、とても軽やかに湧き出てくるものでした。プロコーチとプロライターのおふたりのパワーが2乗にも3乗にも増して、私たちピアノ教室を、私たち街のピアノの先生を応援してくださり、目指す指導者像や教室のビジョン・方向性は、「ILove自分」が導いてくれ、引き寄せた物は上手に受け取ろう!ということを伝えてくださいました。元気になれる時間をありがとうございました!

ようことみめのブログ講座ステップメールご購入の方から
素敵な感想が届きました。
お役に立てたようです!!
ブログで集客だけでなく、ピアノの先生としてのメンタルも整えましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

我ながら、ひと月前の自分と今の自分を比較して、
自分で言うのもナンですが
『飛躍した』と感じています。
私の次の目標は、永年の夢である、ホームページを持つこと!
それについては、まだ、機械の操作に不安があって、自分でできるか心配なのですが
でも、そのうち、挑戦するつもりでおります。
お二人の先生には、お会いしたことはないのに、とても親しみを感じております。
私も、生徒や保護者、私の近くにいる方々に、親しみを感じていただけたらいいな!と思っています。
私のように、東京まで出かけるのに、
最寄りのJR駅まで車で1時間というような、地方に住んでいる者にとって
セミナーはなかなか伺うことができませんが、
今回のようなメール配信は、自宅に居ながらにして、
セミナーの活気を感じることができ、とても有意義だと思いました。
心から篤く御礼申し上げます。
お身体大切に、これからも益々ご活躍くださいませ。